AppleCareでディスプレイ修理をしてもらいました

Pocket
LINEで送る

AppleCareでディスプレイ修理をしてもらいました

AppleCare

普段持ち歩いているMacBook AirはMid 2012モデルです。そろそろ3年が経つのでバッテリーの持ちが悪くなってきていますが、今までトラブル無く信頼して使っています。

 

AppleCareの期限が迫る

今まで大きなトラブルはありませんでしたが、いつからなのかディスプレイ右側に小さくボヤケている点があります。写真を撮りましたがうまく撮れないくらいの感じです。普段使っているときにディスプレイの汚れかな?くらいにしか気にならないのですが、AppleCareの期限が迫ってので修理できるのか確認しました。

 

サポートセンターへ連絡

Appleのサポートページから製品を選択して進めていきます。がMacBook AirのSafariでは次に進むべきページが表示されず困りましたが、Chromeだとすぐに表示され進められました。Chromeに乗り換えようかと一瞬頭をよぎりました。

サポートセンターの方へ症状を話し、AppleCareでの修理となりました。その他にきになることがないかと聞かれたので、バッテリーのことを話してみたら、チェックしてもらうことに。

 

回収から戻るまで4日でした

回収は自宅へヤマト運輸の方がいらっしゃるので、本体だけを準備して待ちます。専用のダンボールに梱包され旅立ち。

AppleCare

回収の1日後、Appleからのメールでセンターへ届いて修理を開始しますメール、回収の2日後には修理が完了し出荷されたメールが来たので安心できました。修理状況はメールにあった「修理状況の確認 Web サイト」で確認できましたが到着→修理→返却は1日で終わっていました。

Appleの修理が早く終わってもボクの都合ですぐに受け取れず、手元に返ってくるまで4日でした。こんなに早く戻ってくるとは予想していなかったので嬉しかったです。

 

AppleCareからキレイになって戻ってきた

AppleCare修理報告書によると、ディスプレイユニットの交換、電池はテストの結果正常であるということで、これからもまだまだ使えそうです。新製品が出て気になるところですが…。これからは好きなステッカーを貼ったりして使い倒していきます。

MacBook Air

コメントはお気軽にどうぞ