背中をあぶられて背脂が減る? 背あぶり峠サイクリング

Pocket
LINEで送る

背中をあぶられて背脂が減る? 背あぶり峠サイクリング素晴らしい天気でのサイクリング

先日、休日出勤の代休で火曜日に休みを取り、尾花沢市と村山市を結ぶ背あぶり峠までサイクリングに行ってきました。

 

背あぶり峠とは

インパクトのある名前を付けられている峠。

一度聞いたら忘れられず、スゴイ峠道のようです。

その由来は…

尾花沢市延沢の住民が、古来より、このあたりの商業の中心地であった村山市楯岡まで、買い出しや出稼ぎに向かう道として使われた。楯岡から見て北東方向にある延沢を夜明け前に出発した旅人が、峠に差し掛かると背中に朝日を浴び、用事が終わって帰る途中に背中に夕日を浴びたことから、背炙峠と呼ばれるようになった。

(via: 背炙峠 – Wikipedia

現在は道路整備が進んだので、地元の人はあまり通らず交通量は少ないです。

 

何を着たらいいのか、この天気

今回の背あぶり峠へは、先日100マイルサイクリングでも参加した熊谷自転車さんのサイクリングです。

この日は最低気温が4℃最高気温は22℃の予報で、何を着たらいいのか前日から悩んでいました。

悩んだ結果、半袖インナー+MAVIC EQUIPE JACKET、起毛なしロングタイツ、首元にBuff、指ありグローブ、モンベル サイクル フット ウォーマー ショートの出で立ちでした。

集合場所に行くとぞくぞくと人が集まり、総勢10名。平日休みの人って多いんですね、驚きました。

山形の自転車店 クマガイジテンシャブログ 10月27日火曜日 平日休みの人一緒に走りませんか 背あぶり峠徳良湖115km

 

 

背あぶり峠サイクリング

背あぶり峠までのルートは、風間とんとんラーメン〜ジャガラモガラ前を通過〜48号ローソンで休憩〜東沢バラ公園脇を通過〜背あぶり峠到着でした。

背あぶり峠で背中をあぶられに行く

背あぶり峠の入口で息を整えて、それぞれのペースでヒルクライムスタートです。

上り6キロくらいと入口で教えられ、始めの1キロちょっとの勾配がキツく、この勾配が続くのかウンザリしましたが、そのあとはゆるい勾配が続きます。

いつ勾配がキツくなるか分からないのであまりペースを上げないようにして回していきます。

3キロくらいで山頂の目印となる、村山市との境になる尾花沢市の看板が見えました。前情報より短く、予想以上に勾配が緩くて嬉しい誤算。

背あぶり峠山頂

山頂からの村山市の景色は非常に良かったです。

自衛隊のヘリコプターが訓練かなにかでぐるぐる回っていたのが気になりましたが…。

 

つい、「大盛り」って言うのを卒業したい

いろは支店 肉そば大盛り 850円

背あぶり峠からのルートは、尾花沢市方面へ下って徳良湖〜大石田町〜河北町〜いろは支店で昼休憩〜天童市内〜山形市七日町といったルートです。

背あぶり峠の尾花沢市方面への下りは、道は狭いしでこぼこしているので注意が必要です。たまに車も来ますのでスピードの出し過ぎ注意です。

途中、何箇所かの直線区間で離れてしまった集団に追いつこうと回したり、集団を引いたりして太ももがパンパンに。ちょっとツラいですが、こういうのが集団で走る楽しみなのかな。

昼ゴハンはお昼どきをズラして、河北町のいろは支店へ。

肉そばと言ったら冷たいのが基本なので、冷たい肉そばの大盛りを注文。

丼がきてすぐに普通盛りを頼めばよかったと若干後悔。こういう後悔、最近多くなってきた気がします。

山形までの帰り道は流れ解散の形で、ゆるりと走ってきました。

 

素晴らしい景色

今回走ったルートは走ったことのないルートが多く、素晴らしい景色が多かったです。次は山や田んぼの緑がキレイな季節にまた走りたいです。

自転車で走るとすぐに素晴らしい景色を見れる、いろいろなレベルのヒルクライムをできる、この環境に住んでいるボクらは非常に恵まれていることに感動、感謝するサイクリングとなりました。

2 thoughts on “背中をあぶられて背脂が減る? 背あぶり峠サイクリング

  1. スビタレ

     皆さんが背炙り峠をサイクリングで越えた時に、私は実家がある畑沢にいました。峠を越えて直ぐの集落です。最近、サイクリング者(正式な呼び名が分かりません。)と、銀山温泉のお客さんが峠を越えるようになりました。
     皆さんは畑沢をそのまま通り過ぎますが、もし時間的な余裕と地元との交流に興味がありましたら、話しかけてください。畑沢の魅力についても、「畑沢通信」を御覧くだされば幸いです。

    1. Yasuhiro Koide Post author

      スピタレさん、コメントありがとうございます。
      初めて背あぶり峠に行きましたが、天気が良かったおかげで頂上からの景色はとてもよく、そこから徳良湖までも自転車に乗りながらですが景色を楽しみました。
      今度はもうちょっとゆっくり走り、地元の方へ挨拶など声をかけてみようと思います。
      「畑沢通信」も見てみます!

コメントはお気軽にどうぞ