山形県のモンテディオ山形

Pocket
LINEで送る

山形県のモンテディオ山形モンテディオ山形 ロゴ

昨年J1への昇格のときは県内全体がモンテディオ山形熱で熱かったです。

J1シーズンが始まって勝利が遠のいていくのにしたがって、県内のモンテディオ山形熱が下がっていき、そして先日の社長退任で一気に熱が冷めてしまったような気がします。

 

社長退任のゴタゴタ

先日の社長退任について、下のリンク先をご覧ください。

【モンテ】高橋氏「なんで?という気持ち」 モンテ社長交代 (山形新聞) – Yahoo!ニュース
【モンテ】社長交代「誰かが責任取らねば」 不信の末の解任劇 (山形新聞) – Yahoo!ニュース
<J1山形降格>臨時株主総会で社長解任 (河北新報) – Yahoo!ニュース

前社長の髙橋氏とは仕事で年数回お会いすることがありましたが、とても物腰柔らかな方だった印象です。

副知事から一転、モンテディオ山形の社長になるってときは驚きました。ですがクラブの株式会社化、J1昇格と降格、その功績は記憶に残るものです。

今回の退任は、株主である山形県が要求した事実上の解任です。

モンテディオ山形は山形県庁のものっていう意識なのでしょうか。

県庁のものってことはOBの再雇用先、つまり天下り先という意識なのでしょうか。

 

天下り=無能

県職員OBの天下りですが…

  • 営業とか関係先へのお願いとか、組織運営とかする気無し
  • 数年掛けて構築してきたことも「県の意向だから」と言ってすべてを消し去る、当事者意識も無い
  • 仕事は会合での挨拶、文書へのハンコ押しくらいにしか考えてない

ボクが聞いたり見ている感じ、こういう方が多いです。

現役県職員で、いろいろ汗を流している方がたくさんいるのに、こういう天下りOBのせいで県職員の印象は非常に悪くなりがちです。

天下りOBでも、地道に動いて髙橋氏のようにサポーターの支持を得たような方々の足を引っ張っています。

「天下り=無能」

そんなイメージが世の中に多く、世間の目が厳しいと思います。

モンテディオ山形の社長になられる後任の守谷氏は、より一層厳しい目があることでしょう。山形県知事、山形県庁にも同様です。

 

おらだの誇り

山形県民のプロサッカークラブであるモンテディオ山形

今回のようなゴタゴタがあっても、山形の代表であるチームを応援し続けなきゃいけないですね。

 

コメントはお気軽にどうぞ