Cannondale CAAD10を譲り受けました

Pocket
LINEで送る

Cannondale CAAD10を譲り受けましたCannondale CAAD10 2011年モデル

アメリカへ帰国する友人からロードバイク(CannondaleのCAAD10 2011年モデル )を譲り受けました。

友人を毎日職場まで運び、休日はいろいろな山形の風景を見せたこのバイク。フレームには傷や汚れが目立ちますが、メンテナンスをして大事に乗っていこうと思っています。

CAAD10

音茶屋とCAAD10

ロードバイクはどんなモデルを買おうかと悩んでいたときに、いつも候補に上がっていたのがCAAD10で、憧れていたモデルでした。

「アルミフレームだけど、中途半端なカーボンフレームには負けない」なんてインプレを読んだことがありました。

 

第一印象 = 楽しい

テニスコートとCAAD10

簡単なメンテナンスをしてビンディングペダルを付けて走ってみました。

ホイールはRS10の鉄下駄ホイールなのに、速くて楽しい!と感じました。

けど決してタイムがCX-ZEROより縮んだわけではありません。

フレーム素材がアルミなので、踏むとダイレクトに伝わってグンっと進む感覚があるから、「楽しい」という第一印象になったのでしょうか。

CX-ZEROに履いているCampagnolo Neutron UltraをCAAD10に履かせたら、裏山を上るタイムが縮むんじゃないかと妄想しちゃいます。

そうなったらCX-ZEROにはどんなホイールがいいだろう。

CX-ZEROはロングライド向けにリムハイトの高いホイールを履かせて、CAAD10は裏山を速く上れる向けに軽量化を… 妄想が広がります。

あっちもこっちもと手をかけることが難しいとは思いますが、大事にしていきます。

 

 

コメントはお気軽にどうぞ