安全衛生推進者養成講習を受講してきました

Pocket
LINEで送る

安全衛生推進者養成講習を受講してきました安全衛生推進者養成講習を受講してきました

山形ビッグウィングを会場にし、2日間開催された安全衛生推進者養成講習を受講してきました。

安全衛生推進者とは?

安全衛生推進者(あんぜんえいせいすいしんしゃ)とは、中規模な事業場において、その事業場の安全・衛生に関する事項を統括管理する者である。

(via: Wikipedia

中規模な事業場とは、日雇労働者、パートタイマー等の臨時的労働者の数を含めて、常態として10人以上50人未満の労働者を使用する事業場のことです。

安全衛生推進者を選任しなければならないと、労働安全衛生法第12条の2、労働安全衛生規則第12条の2で定められてます。

今の職場は10人以下なので、選任の必要がありませんが、今後のことを考え受講することになりました。

安全衛生推進者が統括管理する安全・衛生に関する事項は具体的には以下の通りです。

  1. 労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること
  2. 労働者の安全又は衛生のための教育の実施に関すること
  3. 健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関すること
  4. 労働災害の原因の調査及び再発防止対策に関すること
  5. 安全衛生に関する方針の表明に関すること。
  6. 建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、又は作業行動その他業務に起因する危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること。
  7. 安全衛生に関する計画の作成、実施、評価及び改善に関すること。

講義内容

安全衛生推進者必携テキスト

講義は2日間で講師の話を聞くだけではなく、隣の席の人とディスカッションして発表する場面もありました。

講義内容はこんな内容で進められました。

1日目

  • 安全管理
  • 危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置等
  • 作業環境管理と作業管理
  • 健康の保持増進

2日目

  • 安全衛生教育
  • 関係法令

講師は労働安全コンサルタントで特定社会保険労務士の方が担当され、非常に分かりやすい説明でした。

2日間の講義のあとにテストはなく、2日間の講習を受講すると修了証をいただけます。

早速、次は衛生管理者ですね… と職場で聞こえてきましたよー!

 

 

 

コメントはお気軽にどうぞ