第1回さくらんぼママチャリエンデューロで第3位になりました

Pocket
LINEで送る

第1回さくらんぼママチャリエンデューロで第3位になりました第1回さくらんぼママチャリエンデューロで第3位になりました

3週間のギプス生活からの復帰戦として、6月24日に寒河江市にるグリバーさがえで開催された「第1回さくらんぼママチャリエンデューロ」というイベントへ自転車仲間5人(平均年齢46歳)で参加してきました。

さくらんぼママチャリエンデューロ

会場のグリバーさがえは寒河江市内南部を流れる最上川沿いにあり、全国でも珍しい完全管理型の多目的水面広場と多目的芝生広場です。多目的水面広場は、延長600m、幅110~150mの広大な水面があり、カヌー等の競技や練習、体験に利用されている他、水上バイクを利用したバナナボートなどの水上アクティビティも体験できます。

今回のママチャリエンデューロはこの多目的水面広場の周り1周1.6キロのコースを4時間走る耐久レースイベントでした。

コースマップ

今回のレース車両は久保田くん提供のママチャリで参加です。チーム名「Kubotaのママチャリ」もそこから付いています。

Kubotaのママチャリ

食事のサポートに自転車仲間の雲雀野のマスターに来ていただき、量ではなく質を重視した美味しいお肉などでしっかりサポートしてもらいました。

雲雀野マスターのサポートBBQ

レースもバナナボートも楽しい4時間

疾走するママチャリ

ボクらのチームは、細かい作戦は立てずに一人2周交替で4時間を走り切りました。隣の高校生チームはかなり細かく作戦を立てていたみたいでした。だから優勝だったのでしょうか…。

2周交代はだいたい1人の走行時間は6~7分くらい。走ったあと30分くらいの休憩。この休むけど休みすぎない間隔が良かったです。

チームメイトが頑張っているあいだに、他のチームの友人たちを誘ってバナナボート遊びに行き、濡れた体でテントへ戻ったら、すぐに交替のタイミングで服が乾かぬまま走ることになったりと、レース以外にもしっかり楽しんできました!

4時間を走り切った

チームメイトの頑張りの結果、4時間走り切った結果は… 第3位!!!

第1回さくらんぼママチャリエンデューロ賞状

さくらんぼで打ち上げ

景品さくらんぼでカンパーイ

レース後は七日町の雲雀野へ戻り、3位の景品のさくらんぼをつまみながら打ち上げ。
第1位、第2位は高校生。第3位のボクらは平均年齢46歳のおじさんチーム…
周回数と平均年齢から見れば、ボクらが優勝だったね!
なんて話をしながら労をねぎらいました。

何年かぶりでママチャリに乗りましたが、速く長く楽に走るためにはロードバイクのようなポジションが必要だと痛感しました。

ママチャリのサドルを一番下まで下げるルールでしたが、常に膝が曲がった状態でのペダリング。フカフカのサドル。常に姿勢が立った状態。非常に辛かったです。

ロードバイクが恋しくなるイベントでした。

優勝した高校生チームには、優勝チームには「第8回とみぐすく美ら島ママチャリ5時間耐久レース」に出場権をプレゼントされました。ぜひいい結果を山形へ持ち帰ってください!

 

 

コメントはお気軽にどうぞ