ライバルが必要

Pocket
LINEで送る

ライバルが必要

今まで生きてきて「ライバル」って意識したことありませんでした。

ライバルとは?

剣道で全国大会にも出たことありますし、社会人経験もそれなりにありますがライバルを意識したことがありませんでした。

自転車オンラインゲームのZwiftでヒルクライムをしているとき、他のプレイヤーがぜんぜんいなくて張り合いがなくて、非常にツラかったことがありました。

逆に、他のプレイヤーのペースに引っ張られてしまい、オーバーペースになりツラくなることもあります。

もちろんバーチャル世界だけではなく、現実でも昨年10月のクマサイで西蔵王を上ったときのタイムは、ひとりで走っては出せなかったタイムでした。

ライバルは必要

漠然とした目標よりも、ライバルという存在があれば、ハッキリとした目標になって頑張れる気がします。

自転車の面でボクより速い人や長い距離を走れたりをライバルに設定し目指していけば、もっと辛くても楽しいことがあるのではないでしょうか。

今シーズンはケガがあり、昨シーズンよりも多く乗れていませんが、実際に一緒に走るだけではなく、FacebookやStravaなどのSNS、ブログで刺激を受けています。

自転車だけではなく、仕事でもライバルが必要ですよね。

自分よりすごく上の人ではなく、ちょっと上の人をライバルにしていけば伸びていけるでしょう。

最近、モチベーションが上がらないので、こんなこと書いてみました。

コメントはお気軽にどうぞ