胸に残る今年のモリクマカップ

Pocket
LINEで送る

胸に残る今年のモリクマカップ胸に残る今年のモリクマカップ

クマガイジテンシャのモリクマカップへ去年に引き続き今年も参加して、昨年の記録を更新してきました。

モリクマカップ

モリクマカップとは、山形市七日町のクマガイジテンシャ主催の西蔵王有料道路の県庁側入口から野草園までの約9キロの記録会です。タイムは自己申告制で、昨年の記録より一番タイムを縮めた人が一番ですが、やっぱり他の人のタイムが気になります。

今年は10月8・9日と2回開催で、2日とも参加しました。

モリクマカップあとの蔵王温泉に行くサイクリングが楽しかったけど、GPSの記録がちゃんとなっていなくて残念…。

野草園までのタイムは、初日に昨年の記録を更新して30分を切ることができました。

2日目のタイムは… 初日のあとのサイクリングの疲れが残っていたようでした。

芋煮会

モリクマカップ2日目のあとは、馬見ヶ崎川河川敷での芋煮会です。今年も雲雀野マスターによる料理が並び、40名以上の方が参加されていたようです。

クマガイジテンシャブログにいっぱい写真が並んでいますのでご覧ください。

胸に残る今年のモリクマカップ

余力を残さずにもっといけた

芋煮会で酔っ払った頭の片隅にあった疑問が、二次会の席で聞いたワンフレーズでハッとしました。

@芋煮会、タイムを聞かれて、

ボク:「やっと30分切れましたよ〜」

Aさん:「もっといけたんじゃないですか~

@二次会、雲雀野マスターがほかの方と話されている中のワンフレーズに「余力を残す」というキーワード。

モリクマカップ初日、2日目共に野草園ゴール後を振り返ると、倒れ込むことなく平然としていた自分。

Stravaの記録をサイクリングあとにチェックするけど、多くの人と同じ時間に走る記録会に参加することなどなく、年に1回くらい頑張ってみてもよかったはず。

下り坂で休まないように回していくとか、ちょっとは考えていたけど、根本的にもっと追い込めたはずではないか。

タイムを更新し、芋煮会も二次会も楽しかったけど、胸に残る今年のモリクマカップでした。

CAAD10をちゃんと整備して、ヒルクライム用にしようかな~… それよりもまずは日頃の練習か!

 

コメントはお気軽にどうぞ