ClippedをインストールしてGunosyからPocketに簡単に送れるようになった



Gunosyを数カ月前から使っていたのですが、選ばれる記事がだいぶボクの興味をひくものが多くなってきました

毎朝7時半に通知するように設定して、気になるタイトルをお気に入りにしてあとで読もうと… けどその後お気に入りにしたものをチェックすることはほとんどありませんでした。それは普段、気になるものをPocketに集めているからです。

気になるものはPocketに集める

twitterやRSSリーダーから気になったものをPocketに送り、時間があるときにまとめてチェックしています。Pocketはwebページだけではなく、YouTubeなどのURLを送ることができるので、家でゆっくり動画をチェックすることもできます。
Gunosyからも直接Pocketに送れればいいのですがそのような機能がありません。もうGunosyを使うのやめようかなって考え始めたころに下の記事を読み、Clippedを導入しました。

iOSアプリ「Clipped」があれば、記事をGunosyやFacebookなど、どこからでも「Pocket」に送る事ができる! | Last Day. jp
コチラを参考にしました

使い方は簡単です。Clippedを起動させておいて気になる記事のリンクをコピーするだけです。詳しくは上のサイトを参考にしてください。
ボクは通知センターから起動させることしか使わないので、通知センターへ最新1件のみ表示するようにしています。

GunosyからPocketへ

1タップで直接アプリからPocketに送れるのが一番便利で理想ですが、それに近く少ないタップでPocketに送れることができるようになりました。一時的にGunosyの使用を続けるか考えましたが、Clippedを使うことによって継続して使うことに決めました
ボクと同じようにPocketに送れれば…って考えてた方はぜひClippedを導入してみてはどうでしょうか。

コメント