スキップしてメイン コンテンツに移動

お名前.comからGoogle Domainsへの移管

2020年にブログを再開するにあたってのことでドメインについて書き残そうと思います。

独自ドメインを使いたいけど、WordPressみたいに手間を掛けたくはない。できれば無料。そんな考えからたどり着いたBlogger。

一瞬だけGoogle Cloud Platform(GCP)でWordPressを利用してブログかWebページを作ってみるか…… と血迷ったことがありましたがBloggerで進めることにしました。

Bloggerでブログをするって決めたら、なるべくGoogleサービスを使おうと考え、ドメインをお名前.comからGoogle Domainsへ移管してみることにしました。

以下のページを参考にしました。

今回のドメイン移管の流れ

  1. Google Domainsから移管申請するが、お名前.comからの承認依頼メールを受信できない
  2. Zoho Mailで独自ドメインメールを運用できるように設定
  3. 改めて、Google Domainsから移管申請
  4. 15分くらいでGoogle Domainsへ移管完了

ドメイン移管の方法は以下のページで説明されていました。

【ドメイン】お名前.comから他の登録業者へ移管する方法は?|ヘルプサポート | ドメイン取るならお名前.com

手続きの流れを書き出してみました。

  1. 管理画面にてAuthCode(オースコード)とドメインのWhois情報を確認
    • 必要に応じてWhois情報変更
    • Whois情報公開代行設定がおこなわれている場合は解除
    • 移管ロックが設定されている場合は解除)
  2. 移管先にドメイン移管申請
  3. 移管先にて手続き完了
    • 移管先手続き詳細は移管先管理会社様にお問い合わせください。
  4. お名前.comから承認依頼メール送信
    • Whois情報の登録者情報宛となります。移管するためには承認手続きが必要となりますので、忘れずにご対応ください
    • 承認期日:承認メール送信日時から96時間(4日)後まで
  5. ドメイン移管完了
    • 1,2週間前後かかる場合がございます。

この手続き 4の「お名前.comから承認依頼メール送信」の宛先「Whois情報の登録者情報」のメールアドレスが独自ドメインのメールアドレスだったためレンタルサーバーの契約はもうないから届かない問題がありました……。

ドメイン移管手続きの前に、まずはメールサーバーの準備をすることになりました。

独自ドメインをZoho Mailで使う

ググると独自ドメインでメールを無料で使うには「Zoho Mail」一択のようです。

ですが、Zoho Mailを無料利用する場合は、Webアクセスしかできません。IMAP、POPやGmailなどへの転送ができないのは残念ですが致し方ない。

詳しい内容は割愛しますが、参考にしたページのおかげで、下の作業手順ですんなりと完了しました。

  1. お名前.comにてメール関係のDNS設定をして、Zoho Mailでドメイン設定
  2. Zoho MailコントロールパネルでWhois情報に登録していたメールアドレスを再度作り直す
  3. 参考ページを見て、セキュアな独自ドメインメールになるように設定

改めて移管申請

お名前.comからGoogle Domainsへ移管申請したところ、15分くらいで移管完了しました。

ドメイン移管が終われば、Google DomainsからBloggerを設定できるので、あっという間にこのブログが完成しました。このあたりはGoogleサービスの連携がスゴイですね。

Googleサービスの連携

今回のような連携はほかにも、写真はGoogleフォト、動画はYouTubeとアカウントに紐付いたものを簡単に記事へ挿入することができます。

もし今後サービスの連携やサービスが終了してしまったら、なんらかの理由でアカウントをBANされたらと考えると怖いですが、深く考えずにGoogleサービス圏内で遊んでいこうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

令和4年分確定申告をe-Taxで提出しました

10年ぶりくらいに私個人の分と、令和4年から個人事業主となった妻の分の確定申告をe-Taxで提出しました。 10年くらい前に確定申告した際は、パソコンでデータを入力して印刷して、山形テルサの確定申告会場へ持参してい提出した思い出があります。 今回はiPhoneとマイナンバーカードを使ってe-Taxで確定申告してみました。 令和4年分 確定申告特集   確定申告の準備 確定申告を進めるために、手元にマイナンバーカードと下記の書類を準備して進めました。 源泉徴収票(私:本職分と専従者給与分、妻:退職した際に頂いた分) 生命保険料控除証明書(私の分は年末調整済みのため不要で、妻の分を準備しました) 住宅ローンを組んだので銀行から届いた「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」 iPhoneで確定申告 まずは私個人の分から始めました。 マイナポータルアプリからマイナンバーカードを使ってログイン。源泉徴収票をiPhoneのカメラで読み取り、読み取り内容に間違いがないか確認し、間違いがあれば修正。 医療費控除は、マイナポータル連携を利用すると自動入力されてわざわざ医療機関などの領収書を準備することなく入力終わり。 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書を見ながら、住宅借入金等特別控除の項目を数カ所へ入力して終わり。 途中からパソコン画面表示での入力になってしまったので、多少やりづらさがありましたが、あっという間に確定申告の提出までできました。 10年くらい前は出てくる言葉の意味もよく分からずで、頭の上にクエスチョンマークが出ながらテキトーに進めた記憶がありましたが、今回はスルスルっと進められて逆に不安に感じるくらい簡単でした。 Macで確定申告 私個人の分で途中からパソコン画面表示での入力になってしまい、多少やりづらかったので妻の分はMacのSafariから確定申告をしてみました。 マイナポータルアプリでパソコン上に表示されたQRコードを読み取り、マイナンバーカードを使ってログインして確定申告作業をスタート。 妻の個人事業はクラウド会計ソフトのfreeeを使っているのですが、連帯債務(共有持分)がある場合の住宅ローン控除の記入には対応していないため、ヘルプページに従って住宅ローン控除以外の申告データをfreeeで作成して、ヘルプページでは「xtxファイルをダウンロード」

令和5年度の給与支払報告書を市役所へ提出しました

令和5年度の給与支払報告書をササッと記入して市役所へ提出しました。 給与支払報告書とは、令和4年1月1日から12月31日の間に給与を支払った給与の支払者(事業主)が、給与を支払った個人ごとに1年間の支払金額、所得金額、その他各種控除などを記入して、市町村へ提出する書類のこと。 市役所へ提出する給与支払報告書は「給与支払報告書(総括表)」と「給与支払報告書(個人明細書)」の2つ。個人明細書はいわゆる源泉徴収票のこと。 市役所のWebページからExcelファイルをダウンロードできるし、「eLTAX」で提出できることが記載されているけど、青色事業専従者1名だけなのでササッと手書きして提出準備完了。 eLTAXで提出しようかとサイトを見たけど、「電子証明書」が必要になるみたいで青色事業専従者1名のための手続きに面倒くさく感じ手書きですることにしました。 令和5年度の給与支払報告書を提出してください|山形市公式ホームページ 山形市公式ホームページ   提出の際にマイナンバーカードが必要みたいだし初めてなので、個人事業主である妻に市役所へ行ってもらって、提出はあっさり終了。 その際に来年は事業主のマイナンバーカードの表裏コピーを添付して郵送で良いか聞いてもらったら、係の方から「市役所から送付される令和6年度に個人番号が記載されたりアスタリスクが印字されていたら郵送で良いよ」みたいな話だったよう。なんかハッキリしない回答… と思いつつ提出に行ってくれた妻に感謝。

今年の冬からちゃんとZwiftに取り組…… もうと考えている

何年も前からZwiftで遊んでいます。課金しているけどほとんどログインしていなかったり、アカウント休止して無課金の月25Kmの制限の中で、Road to Skyルートを使ってカスタマイズしたワークアウトを月何回かしてみたり、休止期間切れを忘れて課金されてだったりと、世間で言うとスポーツクラブに入会して月謝だけ払い続けている幽霊会員みたいな感じでしょうか。 今までの利用方法はワークアウトのみでした。その理由はローラーにセットしているZwift専用のFelt Z100が何年もノーメンテナンスで変速してなにかトラブりたくなかったのが大きな理由です。 今年、突発性難聴になり実走に不安があるのと、これから本格的な雪の季節が始まることもあり、Zwiftにちゃんと取り組もうと思いZwift専用のFelt Z100をメンテナンスしてもらうことにしました。メンテナンスは以前の記事に出てきた、以前から店長とお付き合いのあったショップ「 バイクスポーツキッド 」へお願いしました。 古いロードバイクなので互換性のある部品があるか心配でしたが、そこは取り付けに工夫してもらったりして、しっかり若返らせてもらい、今まで不安だった変速も蘇りました。 Zwift環境 ローラーはTacx Neo Smart。それに初めて手にしたロードバイクでしっかり若返ったFelt Z100をセットしています。 MacBook Air Mid 2012 (Zwift専用PCになっています)でZwiftアプリを起動させ、iPhoneアプリZwift Companionを使って、Tacx Neo SmartとApple Watch(心拍計)を接続しています。 あとはスマートプラグにアイリスオーヤマの工業扇を挿して、体が温まってきたらAlexaにお願いして工業扇の風を受けています。 これからはいきなりレースやイベント参加ではなく、家での時間にちょっとした時間を作ってZwiftの世界に入ろうと考えています。 タイミングよく最近からGCN Japanでおなじみの土井雪広さんのMeetupが定期的に開催されているので、そのMeetupをきっかけでZwiftの世界にいる時間が増やそうとしています。 Meetupなどで見かけたら、励みになりますのでRide On!をぜひお願いします!