お名前.comからGoogle Domainsへの移管

2020年にブログを再開するにあたってのことでドメインについて書き残そうと思います。

独自ドメインを使いたいけど、WordPressみたいに手間を掛けたくはない。できれば無料。そんな考えからたどり着いたBlogger。

一瞬だけGoogle Cloud Platform(GCP)でWordPressを利用してブログかWebページを作ってみるか…… と血迷ったことがありましたがBloggerで進めることにしました。

Bloggerでブログをするって決めたら、なるべくGoogleサービスを使おうと考え、ドメインをお名前.comからGoogle Domainsへ移管してみることにしました。

以下のページを参考にしました。

今回のドメイン移管の流れ

  1. Google Domainsから移管申請するが、お名前.comからの承認依頼メールを受信できない
  2. Zoho Mailで独自ドメインメールを運用できるように設定
  3. 改めて、Google Domainsから移管申請
  4. 15分くらいでGoogle Domainsへ移管完了

ドメイン移管の方法は以下のページで説明されていました。

【ドメイン】お名前.comから他の登録業者へ移管する方法は?|ヘルプサポート | ドメイン取るならお名前.com

手続きの流れを書き出してみました。

  1. 管理画面にてAuthCode(オースコード)とドメインのWhois情報を確認
    • 必要に応じてWhois情報変更
    • Whois情報公開代行設定がおこなわれている場合は解除
    • 移管ロックが設定されている場合は解除)
  2. 移管先にドメイン移管申請
  3. 移管先にて手続き完了
    • 移管先手続き詳細は移管先管理会社様にお問い合わせください。
  4. お名前.comから承認依頼メール送信
    • Whois情報の登録者情報宛となります。移管するためには承認手続きが必要となりますので、忘れずにご対応ください
    • 承認期日:承認メール送信日時から96時間(4日)後まで
  5. ドメイン移管完了
    • 1,2週間前後かかる場合がございます。

この手続き 4の「お名前.comから承認依頼メール送信」の宛先「Whois情報の登録者情報」のメールアドレスが独自ドメインのメールアドレスだったためレンタルサーバーの契約はもうないから届かない問題がありました……。

ドメイン移管手続きの前に、まずはメールサーバーの準備をすることになりました。

独自ドメインをZoho Mailで使う

ググると独自ドメインでメールを無料で使うには「Zoho Mail」一択のようです。

ですが、Zoho Mailを無料利用する場合は、Webアクセスしかできません。IMAP、POPやGmailなどへの転送ができないのは残念ですが致し方ない。

詳しい内容は割愛しますが、参考にしたページのおかげで、下の作業手順ですんなりと完了しました。

  1. お名前.comにてメール関係のDNS設定をして、Zoho Mailでドメイン設定
  2. Zoho MailコントロールパネルでWhois情報に登録していたメールアドレスを再度作り直す
  3. 参考ページを見て、セキュアな独自ドメインメールになるように設定

改めて移管申請

お名前.comからGoogle Domainsへ移管申請したところ、15分くらいで移管完了しました。

ドメイン移管が終われば、Google DomainsからBloggerを設定できるので、あっという間にこのブログが完成しました。このあたりはGoogleサービスの連携がスゴイですね。

Googleサービスの連携

今回のような連携はほかにも、写真はGoogleフォト、動画はYouTubeとアカウントに紐付いたものを簡単に記事へ挿入することができます。

もし今後サービスの連携やサービスが終了してしまったら、なんらかの理由でアカウントをBANされたらと考えると怖いですが、深く考えずにGoogleサービス圏内で遊んでいこうと思います。

B! LINE