我が家のスマートホーム化

我が家がスマートホーム機器、特にAmazon製品から支配されています。

我が家のスマートホーム機器

Wi-FiルーターはTP-Link Archer C6を使っています。2階にある自転車部屋でZwiftをしていますが、今まで途切れるなど不便を感じることはありません。

便利になりすぎること

スマートホーム化について話になると、同僚から「便利になりすぎてもなぁ~」と話されます。または「お金がかかるんでしょ~」とも。

ボクは「任せられることは任せて、別なことをする時間に充てる」と考えています。

「任せる」ってことはそのタスクをしっかり把握しているこそできることです。

「掃除」といっても様々なタスクの集合体です。

  • 掃除機をかける
  • 掃除機の充電をチェックする
  • 掃除機のゴミはいっぱいになっていないか確認する
  • 掃除機をかける前に部屋を片付ける

ロボット掃除機を導入したけど、「掃除」を全部任せられるのでなく、「掃除機をかける」というタスクを任せただけ、その他は今までと変わらずボクが担うことになります。

実際はロボット掃除機が動いている間に、次の部屋の片付けをしたりして無駄に時間を過ごしてはいないと思います。

スマートホーム化の費用

同僚から言われる費用についてです。

実際やってみて「思ったよりお金はかからない」と感じます。

スマートホーム化と言っても、単純に最新機器へ買い替えるのではなく、今持っている機器を使いやすくすることだからです。

ですが、Amazonのプライムデーやサイバーマンデーセールのあとは、Amazonからの配送が多くなります。妻の目を見れないことがあります。

今後は、意味もなくネットワークカメラなど欲しいと感じるときがありますので、一時の物欲に負けないように快適な生活にできるようにしていきます。

B! LINE