スキップしてメイン コンテンツに移動

新しい自転車を迎えました Part2

物欲に耐えきれずにポチったまでの話はPart1

11月11日夜にポチって、DHLからのSMSで配達予定日の連絡があり、11月21日朝に輸入関税 / 消費税オンライン決済のリンクが送られてきて出勤前に済ませ、11月22日昼に自宅にデカい箱に入った新しい自転車が到着しました。

新しい自転車はNukeproofのDigger Factory 2022年モデルです。








Nukeproof Digger Factory 2022年モデルの詳しいスペックはコチラ

以前にも海外通販でロードバイクを購入したことがありましたが、今回は前後両輪装着されハンドルが外れた状態で届きました。

ササッとハンドルと無料でついてきたフラットペダルを装着して、サドルに跨ってみると注文時に股下を入力したのでピッタリではないですが、それなりにフィットする高さになっていました。

純正のタイヤは700×45Cという極太サイズ。サドルの上から見える景色に違和感。

とりあえず家の周りをぐるっと走ってみたけど、初めての極太タイヤで空気圧をテキトーに入れた(3Barくらい)せいもあって、普通に走る印象。公園の未舗装道なんかもチョロっと入ってみたけどグイグイ進むけど、ちょっと跳ねる感じ。空気圧が高かったようです。

雪が降る前にSPDペダルに替えて、河川敷とかの砂利道なんかも織り交ぜてサイクリングしたいなと考えています。

チューブレスにできる装備ですが、チューブレスにするのは来春にして、それまではチューブのままでいこうと考えています。走ったとしても雪上サイクリングでしょうし。

タイヤも45Cだとアドベンチャーするには申し分ないだろうけど、ボクの行動範囲では持て余すことになるだろうから38Cまでサイズダウンしようかな。

いろいろ頭を考えが巡ります。

コメント

このブログの人気の投稿

令和4年分確定申告をe-Taxで提出しました

10年ぶりくらいに私個人の分と、令和4年から個人事業主となった妻の分の確定申告をe-Taxで提出しました。 10年くらい前に確定申告した際は、パソコンでデータを入力して印刷して、山形テルサの確定申告会場へ持参してい提出した思い出があります。 今回はiPhoneとマイナンバーカードを使ってe-Taxで確定申告してみました。 令和4年分 確定申告特集   確定申告の準備 確定申告を進めるために、手元にマイナンバーカードと下記の書類を準備して進めました。 源泉徴収票(私:本職分と専従者給与分、妻:退職した際に頂いた分) 生命保険料控除証明書(私の分は年末調整済みのため不要で、妻の分を準備しました) 住宅ローンを組んだので銀行から届いた「住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書」 iPhoneで確定申告 まずは私個人の分から始めました。 マイナポータルアプリからマイナンバーカードを使ってログイン。源泉徴収票をiPhoneのカメラで読み取り、読み取り内容に間違いがないか確認し、間違いがあれば修正。 医療費控除は、マイナポータル連携を利用すると自動入力されてわざわざ医療機関などの領収書を準備することなく入力終わり。 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書を見ながら、住宅借入金等特別控除の項目を数カ所へ入力して終わり。 途中からパソコン画面表示での入力になってしまったので、多少やりづらさがありましたが、あっという間に確定申告の提出までできました。 10年くらい前は出てくる言葉の意味もよく分からずで、頭の上にクエスチョンマークが出ながらテキトーに進めた記憶がありましたが、今回はスルスルっと進められて逆に不安に感じるくらい簡単でした。 Macで確定申告 私個人の分で途中からパソコン画面表示での入力になってしまい、多少やりづらかったので妻の分はMacのSafariから確定申告をしてみました。 マイナポータルアプリでパソコン上に表示されたQRコードを読み取り、マイナンバーカードを使ってログインして確定申告作業をスタート。 妻の個人事業はクラウド会計ソフトのfreeeを使っているのですが、連帯債務(共有持分)がある場合の住宅ローン控除の記入には対応していないため、ヘルプページに従って住宅ローン控除以外の申告データをfreeeで作成して、ヘルプページでは「xtxファイルをダウンロード」

お名前.comからGoogle Domainsへの移管

2020年にブログを再開するにあたってのことでドメインについて書き残そうと思います。 独自ドメインを使いたいけど、WordPressみたいに手間を掛けたくはない。できれば無料。そんな考えからたどり着いたBlogger。 一瞬だけGoogle Cloud Platform(GCP)でWordPressを利用してブログかWebページを作ってみるか…… と血迷ったことがありましたがBloggerで進めることにしました。 Bloggerでブログをするって決めたら、なるべくGoogleサービスを使おうと考え、ドメインを お名前.com から Google Domains へ移管してみることにしました。 以下のページを参考にしました。 お名前.comからGoogle Domainsにドメインを移管する - Qiita Zoho Mailでカスタムドメインのメールを作成する - 無料で試す ZOHOでセキュアな独自ドメインメールを無料で運営する - BAOOKUN 今回のドメイン移管の流れ Google Domainsから移管申請するが、お名前.comからの承認依頼メールを受信できない Zoho Mailで独自ドメインメールを運用できるように設定 改めて、Google Domainsから移管申請 15分くらいでGoogle Domainsへ移管完了 ドメイン移管の方法は以下のページで説明されていました。 【ドメイン】お名前.comから他の登録業者へ移管する方法は?|ヘルプサポート | ドメイン取るならお名前.com 手続きの流れを書き出してみました。 管理画面にてAuthCode(オースコード)とドメインのWhois情報を確認 必要に応じてWhois情報変更 Whois情報公開代行設定がおこなわれている場合は解除 移管ロックが設定されている場合は解除) 移管先にドメイン移管申請 移管先にて手続き完了 移管先手続き詳細は移管先管理会社様にお問い合わせください。 お名前.comから承認依頼メール送信 Whois情報の登録者情報宛となります。移管するためには承認手続きが必要となりますので、忘れずにご対応ください 承認期日:承認メール送信日時から96時間(4日)後まで ドメイン移管完了 1,2週間前後かかる場合がございます。 この手続き 4の「お名前.comから承認依頼メール送信」の

令和5年度の給与支払報告書を市役所へ提出しました

令和5年度の給与支払報告書をササッと記入して市役所へ提出しました。 給与支払報告書とは、令和4年1月1日から12月31日の間に給与を支払った給与の支払者(事業主)が、給与を支払った個人ごとに1年間の支払金額、所得金額、その他各種控除などを記入して、市町村へ提出する書類のこと。 市役所へ提出する給与支払報告書は「給与支払報告書(総括表)」と「給与支払報告書(個人明細書)」の2つ。個人明細書はいわゆる源泉徴収票のこと。 市役所のWebページからExcelファイルをダウンロードできるし、「eLTAX」で提出できることが記載されているけど、青色事業専従者1名だけなのでササッと手書きして提出準備完了。 eLTAXで提出しようかとサイトを見たけど、「電子証明書」が必要になるみたいで青色事業専従者1名のための手続きに面倒くさく感じ手書きですることにしました。 令和5年度の給与支払報告書を提出してください|山形市公式ホームページ 山形市公式ホームページ   提出の際にマイナンバーカードが必要みたいだし初めてなので、個人事業主である妻に市役所へ行ってもらって、提出はあっさり終了。 その際に来年は事業主のマイナンバーカードの表裏コピーを添付して郵送で良いか聞いてもらったら、係の方から「市役所から送付される令和6年度に個人番号が記載されたりアスタリスクが印字されていたら郵送で良いよ」みたいな話だったよう。なんかハッキリしない回答… と思いつつ提出に行ってくれた妻に感謝。