自転車で交通事故に遭いました その2:通院とMRI検査


4月5日(金)午後2時頃、打ち合わせへ自転車で向かう途中に自動車と衝突して救急車で搬送されました。

1泊入院したのちに通院して自宅療養することになりました。


体の状況

診断書には頭部外傷となっていました。

自宅に戻りましたが、右半身の痛みはおさまることはなく、布団に横になったら起き上がることが大変だし、ソファに深く座ってしまったら立ち上がることが大変。

朝、布団からどうやったらあまり痛くなく起き上がられるか毎朝四苦八苦。退院初日の朝は起き上がるまで1時間はかかったと思います。

自宅療養初期は書斎のオフィスチェアにいることが多かったです。

右目周辺の傷は、形成外科の先生から洗顔のときは優しく洗うようにとの指示だけだったので、特に気になるような痛みはありませんでした。腫れとあざは凄かったですが。


遅れてやってきた頭痛

事故から5日たった10日水曜日の朝から、今までになかった頭痛がやってきました。ヘルメットが割れるくらい頭を振れたでしょうから、むちうちになってそれから来る頭痛なんでしょう。

11日木曜日は形成外科での抜糸なので、そのときに相談することにし、病院からもらった痛み止めを飲んで、その日は今まで以上におとなしく休んでいました。

木曜日は形成外科で頭痛と右半身の痛みのことを伝えたところ、脳外科の予約を翌日にとっていただきまきした。

事故から1週間がたった12日金曜日に脳外科を受診して改めて頭と胸部のCT検査。診断結果は頭部外傷で変わらず、頭の中の出血や肋骨などの骨折は確認できないとのことでちょっと安心。


整形外科でMRI検査

診断は頭部外傷だけで骨折とかはないですが、整形外科などで治療を受けて早めに痛みから解放されたいと思い、相手の保険会社に連絡をして、整形外科を受診したいことを伝えてOKをもらって受診することに。

週明け月曜日15日に近所にある整形外科を受診。

先生と事故の状況などを話して、MRIで診断しましょうとなり、都合良く翌日に空きがあり翌日16日MRI検査をすることになりました。

その結果、頚椎捻挫と右胸背部打撲と診断されました。

先生からこのまま整形外科で治療するか、別の整骨院などで治療しますか?と聞いてくださったので、自宅隣が整骨院であるので整骨院での治療をすることにしました。

痛み止めのロキソニン、胃薬、筋肉を柔らかくする薬を3週間分処方してもらいました。

保険会社からも言われましたが月1回は整形外科を受診することを念押しされました。


まとめ:MRIで安心

CTで診てもらいましたが、MRIで改めて診てもらい骨折などないことを確認でき安心できました。

右半身は打撲なので痛みは続いていますが、ロキソニンの力はすごいですね。すごく楽になりました。飲み過ぎると胃がやられると聞いたことがあるので早くロキソニン卒業できるように、整骨院治療はほぼ毎日行くことになりました。

コメント